世の中に蔓延る多種多様なアレルギーについてご紹介します。また、人体に悪影響を及ぼすアレルギー物質と、アレルギー反応・症状の緩和に役立つ医薬品なども併せてご紹介いたします。

アレルギー症状がある女性

衣類の繊維にもアレルギー反応が起こる

食べ物や花粉、薬物などさまざまなアレルギーがありますが、見落としがちなのが衣類の繊維によるアレルギー反応です。
特に有名なのが「化学繊維アレルギー」とよばれるもので、石油を原料に製造された化学繊維には人体へのリスクがあるとされています。この化学繊維を使った寝具や衣類などが身体に接触することによって起こる症状を接触アレルギーといいます。
一般的に使われているポリエステルやアクリル、ナイロンなどの合成繊維が場合によっては肌や人体に異常を引きを濾してしまう可能性があるのです。またほかにもアセテートなどの半合成繊維やレーヨンなどの再生繊維、ガラス質の無機繊維など自動車や生活用品に接触するだけで症状が引き起こされてしまうこともあります。中でも衣類は直接肌に触れ合うことが多いことからアレルギー反応が生じやすいというリスクがあるのです。
このような化学繊維によって赤みが出たり、かゆみやかぶれ、湿疹などのアレルギー症状が出てきてしまった場合、天然素材の繊維を使った衣類に帰ることをおすすめします。綿100%の衣類を購入したとしても、その縫い糸に化学繊維が使われている場合はその縫い糸の部分に反応が出てきてしまうことがあるため注意が必要です。
また、化学繊維は天然繊維よりも丈夫ですが、その性質上肌と触れ合うことによって摩擦がおこり、その摩擦のせいで肌荒れを起こしてしまうというケースもあります。化学繊維は汗の吸収率も悪いため汗と摩擦によってアトピーでない人でも肌が荒れてしまう可能性があるため、身体のデリケートゾーンや肌の薄い赤ちゃんや幼児などには化学繊維の衣類は避けて天然素材の衣類を身に着けることをおすすめします。