世の中に蔓延る多種多様なアレルギーについてご紹介します。また、人体に悪影響を及ぼすアレルギー物質と、アレルギー反応・症状の緩和に役立つ医薬品なども併せてご紹介いたします。

アレルギー症状がある女性

敏感肌の紫外線アレルギー対処方法

紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びると肌に湿疹ができて、真っ赤になったり痒みを引き起こしたりする病気です。症状が悪化すると蕁麻疹や水ぶくれに発展します。紫外線アレルギーは体内にある抗体が一定量を超えると突然発症するとされ、抗体の一定量には個人差があります。紫外線アレルギーになってしまった人は、日頃から日光を避けて生活します。夏でも長袖や手袋、帽子で皮膚の露出をできるだけ控え、サングラスも必須です。特に日差しの強い日は外出することを諦めるのが良いです。家の中にも紫外線は届くので、日中はUVカット機能が付いたカーテンを使います。紫外線カットのフィルムを貼った窓ガラスは、99%紫外線を防ぐことができます。また季節を問わず外出時には日焼け止めクリームを塗ります。日焼け止めクリームには紫外線吸収剤を含むタイプと、紫外線散乱剤を含むタイプがあります。紫外線吸収剤は紫外線が皮膚に届くのを防ぐ効果があり、紫外線を吸収して熱エネルギーに変換するため、高い効果を発揮できますが肌への影響が大きいです。よって敏感肌の人には刺激が強い場合が多いです。紫外線散乱剤は酸化チタンの無機粉末を使って紫外線を散乱または反射させる作用があります。化学反応ではないので、皮膚への刺激が小さく敏感肌向けの日焼け止めクリームです。さらに紫外線アレルギーになったら、医療機関を受診して薬を処方してもらいます。皮膚科では皮膚に現れた症状が紫外線によるものかしっかりと検査して、適した薬を選択します。症状が軽ければ非ステロイド剤の塗り薬を使います。ステロイド剤は長期的に使うと副作用が強いので、効果の穏やかな抗アレルギー剤が一般的な治療薬です。